FXの自動ロスカットの機能

FXのロスカットですが、自動というものになっています。 システム的に行われていますので、仮に注文を出している最中でありましてもその注文も取り消されていくものになります。 自動ロスカットというような言われ方をするのはそういったことになっているからです。 その自動ロスカットについてなのですが、証拠金維持率というものがあります。 その証拠金に自立のほうが100パーセントを超えていれば、特にロスカットの心配というものがありません。 しかし、取引によりまして証拠金維持率が減少をしてくることがあります。 証拠金維持率ですが、100パーセントを下回ることで発動をされます。 ですので、どうしてもFXでロスカットをされたくないということでしたら、100パーセントを下回らないように資金を投入して対応していくことになります。 ロスカット機能につきましては、ポジションの損失を抑えるということがあります。 その結果としまして、お預け入れ頂いた証拠金以上の損失の発生を防ぐことが可能です。 ただし、それを100パーセント保障してくれるわけではありません。 相場の急変時には対応できないことがあります。 預けられた証拠金の額を超える損失というものが生まれてしまうことも考えられるのです。 建玉金額が大きいと特にリスクが高くなることもあります。 FX初心者の方はそのあたりに関しまして注意をして取引をしていくことが求められます。 FXのロスカットは基本的に損失から身を守ってくれる存在ですので、しっかりと活用できれば問題ありません。 建玉金額などもアドバイスをいただきましてうまく設定していきましょう。

お勧め特選リンク情報
FX→ダメおやじのFXブログです。FX口座やFXトレード法のことを知りたいのであればチェックです。